激安のAGA治療病院おすすめランキング!

AGA病院ってどのくらい治療費がかかるの?

m字ハゲ症状

AGAになると必ず治療が必要というわけではありません。しかし、多くの人が治療して元のフサフサ状態に戻したいと思うものです。年齢が若いほどその傾向は強いでしょう。治療をするとなると、当然ですが治療費が発生します。

 

残念な事にAGAの治療は生命にかかわるものではない為、保険の適用はありません。そのため、風邪や怪我などの症状とは違い費用は大目に支払う必要があります。自由診療扱いという事です。

 

AGAを激安で治療したいと考えている人も多いことでしょう。あなたは月額どのくらいまで費用をかけられますか?仮に私のように以前カツラを着用していた場合だと、驚くほど費用がかかります。

 

月額にすれば5万円程度、それにプラスして2年に一度70万近い支払がありました。あと毎月のカット代も数千円ですが地味にかかります。カツラや増毛などは、このくらいのランニングコストは当然とされています。むしろ口コミなどを見ると安いくらいだと感じます。

 

はたまた、最近は最新医療技術を駆使した自毛植毛も密かに人気が高まっています。こちらも増やす量によりますが100万近い費用は見ておいた方が良いでしょう。

 

ただ、自毛植毛に関してはうまくいけば以後はずっと自分の髪の毛として生え続けます。増毛やカツラに比べれば維持費がかからない上に、自然さの上でも自分の髪の毛ですから最高と言えるでしょう。コストパフォーマンスは良いと言えます。

激安のAGA治療費とはいくらくらい?

激安AGA治療の医師

前置きが長くなりましたが、AGAの治療費で激安と言えるのはどのくらいの費用を言うのでしょうか?医学的根拠のある薬を処方してもらい、かつ医師のもと治療に取り組むのであれば月額で5万〜10万程度が一つの目安だと言われています。もっと高いところもありますが、大手で人気のあるAGA専門クリニックであればこのくらいの費用を見ておく必要があるでしょう。

 

ただ単純にプロペシア錠を処方してもらうだけの一般的な病院であれば、7千円〜8千円程度(月額)で処方してもらうことも可能です。ただ、医師は髪の専門医ではない事が多く、ただ薬を処方するだけであるケースが多いです。

 

医学的根拠がある医薬品は、当然「副作用」等のリスクもあります。きちんと専門医師による指示監督のもとAGA治療に取り組みたいのであれば、専門のクリニックを選ぶほうが良いでしょう。

 

今回、当サイトでご紹介しているAGA専門クリニックの中には、一般病院で薬だけを処方してもらうだけの治療費よりも安く、かつ専門医師の元で治療に取り組めるプランが準備されています。

 

以下のクリニックは場所に制約があります。通える範囲にあるところを選び無料のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。いずれの病院もAGA治療費が激安と言われる部類に入るクリニックです。

 

月額最低治療費比較

AGAスキンクリニック

湘南美容外科クリニック

銀クリAGA

4,200円〜/月

4,200円〜/月

7,000円〜/月

 

AGAスキンクリニック

月額が初回4,200円という破格の値段で治療を開始できます。常に「業界最安値」を目指している全国展開の大手AGA専門クリニックです。2か月目以降も7,000円という薬を処方してもらうだけの場合と同等、もしくは安い値段で専門医師の指導のもとに治療に取り組む事が可能です。

 

勿論、症状によっては上位の治療プランが準備されています。その際でもオリジナルプランという月額3万円程度の治療費となります。プロペシア単剤による治療だけでなく、より質を上げた治療がこの値段で受けられるところにAGAスキンクリニックの最大の魅力があります。

 

激安のAGA治療を求めている人は勿論ですが、確かな技術力と実績を求めている人にも安心して選ばれている病院です。最新の育毛メソセラピー施術も行われており、もう駄目だろうと諦めてしまっている人でも改善の可能性が十分にあります。

 

実際に公式HPを覗いてみると分かりますが、様々な薄毛のタイプの人が治療で改善している症例が沢山紹介されています。まずは無料のカウンセリングが準備されていますので、そこで相談してみて治療内容や費用の見積もりを出してもらうと良いでしょう。聞くだけであれば無料ですので気軽に利用させてもらいましょう。

 

【全国診療所一覧】札幌、函館、青森、秋田、仙台、富山、名古屋、秋葉原、新宿、渋谷、池袋、六本木、横浜、埼玉大宮、千葉柏、大阪難波、梅田、松山、高知、島根松江、広島福山、山口下関、福岡、長崎、佐賀、沖縄那覇

 

 

医師の治療監督のもとプロペシア錠が6,500円で処方してもらえる激安のAGA病院の一つです。新宿院・大阪院・福岡院・仙台院+湘南美容外科クリニック提携院ではキャンペーンで初回4,200円で処方されています。プロペシア治療のみで判断すれば最も安く治療を済ませる事が可能です。

 

湘南美容外科クリニックの最大の特徴は「自毛植毛」にあります。生え際等、治療では困難なレベルに達している人などは、自毛植毛で元気な髪の毛を毛根ごと移植するほうが結果的に効果が高く満足が行く結果になることもあります。自毛植毛も視野にいれた治療を考えている人は、湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

【全国診療所一覧】新宿、札幌、千葉、横浜、名古屋、大阪梅田、神戸、京都、広島、福岡

 

AGAルネッサンス_悩み系

 

プロペシア錠の基本的治療が7,000円であり、内服と外用薬の両方を使った医学的治療が6,500円〜17,500円となっています。他にも針を使わないノーニードル育毛メソセラピーも施術が可能となっています。東京の銀座のみの医院となりますが、関東圏では絶大な人気を得ている病院と言えます。

 

治療費に関しても業界では激安の部類に入ります。関東圏の方は、1、2位のクリニックと一緒に無料カウンセリングを受けてみて比較する事をお勧めします。

 

AGA

 

AGAの疑問:今さら聞けないAGAの疑問と解答

【AGAの疑問@】AGA治療は保険の適用外なのか?

AGA(男性型脱毛症)はホルモンが影響する男性の薄毛症状のことですが、近年女性にもその症状が見られるようになってきました。その薄毛症状をFAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。女性にとって髪の毛はとても大事なものですから、FAGAは深刻な悩みです。頭髪外来に訪れる女性患者の数も増えてきました。ところがそのFAGA治療は、公的な健康保険の対象外になっています。

 

「AGAは医療機関で治療を」とのCM告知が頻繁にされるので、なんとなく男性の薄毛治療は保険適用というイメージがあります。しかし実はAGAの治療も、保険の適用外になっています。すべて実費で薄毛治療を進めていくのは、かなり金銭的な負担を強いられます。そのため、途中で挫折していく人たちも多いのです。いったいなぜFAGAの治療が保険適用外なのでしょうか?

 

FAGA、AGAの治療は美容を目的とする医療行為と判断されており、そのため厚生労働省が定めた適応疾患に当てはまらないようです。健康保険が適用されれば今の3割で済むのにと、悔しい思いをしている人も多いでしょう。治療薬は輸入代行を利用して海外から直接購入すれば費用を抑えることもできます。しかし、薄毛治療に大事なのは原因の見極めと症状にあった治療法や薬の見極めです。

 

素人判断で副作用のよく分からない海外製品を購入してしまうと、かえって症状を悪化させることになるかもしれません。いつかはFAGAも保険適用となるのを願うばかりですが、それまで地道に治療を続けていくしかないでしょう。

【AGAの疑問A】薄毛に悩む男性が去勢すると症状の進行が止まるって本当?

人間の髪の毛は成長期→退行期→休止期→脱毛というヘアサイクルを繰り返し、一般的に一日に50〜100本程度抜け落ちるとされています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどが原因となってこのヘアサイクルが乱れてしまうと抜け毛が増える、髪が細くなるなど髪のトラブルが生じてしまいます。

 

1960年ごろまで薄毛は頭皮のつっぱりが原因であると考えられ、薄毛の治療の一つとして頭皮のつっぱりを解消する手術などが行われていました。薄毛などの脱毛症状についてはそのメカニズムも知るために色々な研究が行われ「ハミルトンの実験」以下のような研究結果が報告されています。

 

・薄毛や抜け毛が進行している人が去勢すると症状の進行が止まった
・去勢した人に男性ホルモンを投与すると再び症状が進行した
・脱毛症状が見られない人が去勢し、その後男性ホルモンを投与しても脱毛症状は起きなかった

 

この結果により、男性ホルモンは脱毛症状を引き起こす要因として考えられるが、必ずしも薄毛になるというわけではないということがわかってきました。「性欲が強いとハゲになる」などといった噂をよく耳にしますが、これは男性ホルモンの量が多いことが原因というわけではなく男性ホルモンの影響を受けやすい体質にあると考えられています。

 

男性型脱毛症(AGA)の場合、フィナステリドの服用が症状の改善に効果が期待できるとされていますが、日頃からの生活習慣を見直すことでも症状の進行を防ぐことにつながります。偏った食事やストレス、タバコは毛髪の生成・育毛を阻害する作用がありますから、健康的な生活習慣を心がけるようにしましょう。

【AGAの疑問B】M字ハゲの原因は遺伝が全て?

M字ハゲの原因には、かなり遺伝が関係しています。M字ハゲの原因は男性ホルモンが還元酵素によって髪の成長を抑えるホルモンになってしまうというものです。ですので、遺伝的に生え際の還元酵素が多いという場合も考えられます。親、親戚などにM字ハゲの方がいる場合は、M字ハゲになる可能性があることを考えておくべきです。日頃から生え際のチェックはしておいたほうが良いでしょう。また、頭皮のケアや、喫煙、夜更かしなどといった生活習慣を改善して、M字ハゲが進行しにくい状態にしておくことも重要です。

 

遺伝が原因とはいえ、M字ハゲになってしまうのには生活習慣も深く関わると言われています。頭皮に良い生活を心がけて損はないでしょう。また、すでにM字ハゲがかなり進行している場合、遺伝が原因となると、M字ハゲの対策方法も変わってきます。育毛剤を使用して、ホルモンと還元酵素が結びつくのを抑えて行く必要があります。リアップやプロペシア、またM字に効くと言われる育毛剤を併用して使っていくことも大事です。ただ、親や親戚にM字ハゲの人が全く見当たらないのになってしまう方ももちろんいます。

 

逆に、家族親族周りがみんなM字なのに自分だけにはないなどという場合ももちろんあります。つまり、遺伝は重要な要素ですが、必ず発生するというものでもないのです。ですので、神経質になりすぎないことです。毎日できる限りのケアを続け、体調管理など自分の身体と向き合って行きましょう。まだ症状が出てない段階の人であれば、上記のクリニックなどで遺伝子検査を受けてみる事も一つの手です。どの程度AGA発症リスクがあるのかを数値で示してもらえるので理解しやすく、今後の治療計画などにも役立ちます。